日本一古い桜「神代桜」
c0068645_17483582.jpg

「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉がありますが、それにしても今年の冬から春にかけての季節の変わり目に襲う寒さのひどいこと! 皆様どうぞお風邪を召しませんように。
で、きょうは、一足も二足も早いのですが、桜をご覧いただきましょう。
上の写真は、日本一古い桜と言われている「神代桜」です。山梨県北杜市武川町にある「実相寺」境内にあります。さすがに老朽化していますので、この桜の木1本で感動を得るには些か物足りないのも事実ですが、とにかく日本三大桜の一つですし、一番古い桜だという歴史に思いを馳せてご覧ください。



c0068645_17492596.jpg

2枚目の写真は、その実相寺から車で5分も離れていない桜並木です。こちらは、約1㎞ほど続くなかなか見応えのある桜並木です。神代桜をご覧になられたらぜひ足を伸ばしてください。

そうそう、山好きの方には、この桜の花々の向こうに、南アルプスが見えるのも趣があって嬉しいのではないでしょうか。特に「甲斐駒」がひときわ大きく見えます。

因みに、八ヶ岳高原、標高1000m付近で山桜が咲くのはゴールデンウィークの頃になります。
[PR]
by junpei45kana | 2005-03-16 17:49 | 自然
<< 夕焼けに染まる富士山 八ヶ岳――雲で頂上が隠れる >>